スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
プツッ…というポップノイズの誤魔化し方

Roland tri-captureとAudiotechnicaのダイナミックマイクで、この間のリレースクリプトは録ったんですが
ブツッというノイズが発生していて…
多分インターフェース〜パソコン間で発生していると思うんですが
これをくれた人間が、そんなはずはない、ソフト側の処理の失敗だろう、と……
うーーん、Audacityでそういうことってなかったんだけど……
Macにするまでは……

どっちにしろ録音し直しになるんですが
ブツッてポップノイズ、結構発生すること多いので
どうにかしてやろうと思って久々にDTMの勉強をしたとかそういうわけではなく
数多いAudacityのエフェクトを1つ1つ見ていきました。

そしたら「修復」というエフェクトを見つけまして。
これ前までは、何を修復するのかしらねえ、と思ってたんですが

ポップノイズって、波形が、波々してるんですけど
なんとこれを平坦化して目立たなくしてくれるんですね。

Audacityすばらしい…もっと何かと使いやすくしてくれるなら2万くらいでも買うわ……
他のDAWみたいにトラックごとにエフェクトを挿せたら完璧ですね。
Send機能とかも欲しいし…エフェクトのかかり具合をエンベロープで調節もできたら……
オートメーションは確か書けるんでしたっけ、使ったことないけど。


さて、問題のポップノイズ部分がこれです。

20160116225328deb.jpg


この、線が入ってるとこ。聞きながら特定して、限界近くまで拡大。


2016011622511348a.jpg



この波々を選択して、修復を適用させます。


特定がね、やったらわかるけど

もうーすーーっごい難しい(;´Д`)

1箇所のノイズに何箇所も波形が現れてることが多いので

それも、この画像はわかりやすいけど

波打ってないことも多いのですよ……

でもリテイクやめようかな?って思う程度には

マシになるので、ノイズに負けず頑張ってください。
スポンサーサイト
【 2016/01/16 22:58 】

| 製作者向け | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。